春木屋善兵衛~日本橋

f0033075_12525548.jpg

f0033075_12525547.jpg

銀座通りを横に入った直ぐに出来た居酒屋風の鰻屋。こ洒落系の内装&店員デアル。おでんのお多幸が並びにある。ランチの江戸膳1100円を頼んだ。140Gの蒲焼きという触れ込みだ。肝吸いと小鉢に漬物と大変な割安感がある。
さて味はどうか?ん!?何か変だ。鰻は値段相応。スーパーの鰻に飯を付ければこっちが安いくらいだ。
ご飯も普通。キュウリの漬物を一口食べて、再度鰻に。ア、分かった!タレが煮魚のそれだ(*_*)鰈の煮汁に似ていると言えば分かるだろう。
次に黄色い物体の小鉢を摘んで唖然(ノ゜O゜)ノカレー味のポテトサラダだー!食い合わせという言葉は死語になったのか(。。;)
それなりの鰻を安く食べられるのは評価出来るが、全体のバランスを少しは考慮して欲しい。最近こ洒落た居酒屋風の新しい店は食べ物を冒とくしている気がする。蒸し・焼き、タレもセントラルキッチンなのは知っている。だからこそセントラルキッチンがしっかりしなければ、と思うのはオイラだけ?
[PR]

by dokunosita | 2006-12-20 12:52 | 日本橋 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : https://dokunosita.exblog.jp/tb/4102202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うなぎ大好き at 2006-12-20 22:58 x
うなぎ屋さん実食レポートサイト「うなぎ大好き」です。
当サイトの掲示板に書き込み有難うございます。
カレイの煮汁ですか!?
煮凝りが出来たものを暖めなおした煮汁といった感じでしょうか?
鰻に限らず食べ物は作り手が”気”を使い、食べる側がそれを感謝して頂くのが基本だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード