周庵

f0033075_13252310.jpg

f0033075_13252376.jpg

多分、住所は神田富山町?海老専科が満員で代わりに見つけた蕎麦屋。若い店主?に『みなとや』の真似?と聞いたら、『目標にしています』との事。
鷄そば温780円。ラー油が小さじ1、胡椒パラパラ。卓上には天カス、卵、ネギが。最近のお決まりパターンである。
麺はラーメンの太麺サイズの蕎麦。付けつゆは可もなく不可もなく、多分業務用のだし汁だろう。白ゴマ大さじ1、きざみ海苔ごっそり、これもお馴染み。ボリュームは並で300g、大盛500gと言うが、ぎこちない手元を見る限り安定していない様だ。
旨いのか不味いのかと問われれば、まぁ普通といった所か?インパクトに欠ける、何を主張したいのか分からない、ただ真似しただけ。批判が目的ではないが、余り食べ手の事を考えていない気がしてならない。それでもやっている店が多いのは事実だが。神田というランチ激戦区、しかも人が少ない、金持ちいない、の逆風で大変だと同情する。東京駅付近で家賃5倍払って出店すれば、売上50倍かな?
思う所あってもう一度行くつもりだが。
[PR]

by dokunosita | 2009-12-09 13:25 | 神田 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://dokunosita.exblog.jp/tb/12461450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード