おそまつさん

f0033075_22341734.jpeg
f0033075_22335449.jpeg
赤塚不二夫のおそまつ君。虎は死して皮を残す、漫画家はネタを提供して止まない。サザエさん、クレヨンしんちゃん、ドラえもん、etc.

作品内容は、
おもしろうてやがて悲しきおそまつさん。とは言え、赤塚不二夫風のドタバタを音付きでやられると、見ている方は結構堪える。

コースターはオマケで貰った。

# by dokunosita | 2019-03-22 22:44 | 都内その他 | Trackback | Comments(0)

揚げない天ぷら

f0033075_20073165.jpeg
f0033075_20070888.jpeg
インターネットで発見。最近色々な調理法が提案されているが、揚げないパターンも結構多い。これはフライパン上で完結する超手抜き料理。

むき海老、ネギ、貝割れ。小麦粉大さじ3程度、水30ccくらい、塩少々。フライパン上で混ぜ混ぜ、普通の衣の様に絡ませる。

油小さじ1〜2を鍋肌からかけて、点火。底面に油を染み込ませる様にフライパンを傾け振り回す。以外に直ぐ焦げて来るので火加減は弱目調整する。鍋肌にこびり付いた衣はパリパリになるので箸でこそげ落とす。

裏側が黄金色になったらホットケーキの要領でひっくり返す。香り付けにごま油少々を周りから振りかけ、火が通ったら完成。そのままでも天つゆでもお好みで。かき揚げだけ作るならこれで充分。大量に揚げたい場合は普通の方がいいだろう。

# by dokunosita | 2019-03-09 20:36 | 高輪 | Trackback | Comments(0)

グリーンブック

f0033075_17183930.jpeg
アカデミー賞という訳で平日にも関わらず結構な混み具合。アメリカではお馴染みの黒人差別反省映画らしい。本音は罪滅ぼし意識の定期的発露なんだ、的コメントが何処かにあった。

とは言え、ピアニスト役の俳優が本当にピアノを弾いていたのはご立派。音は別かも知れないが、日本の俳優もこの位やれ、と言いたいネ。

1960年代のキャデラックが二台登場。程度も良さそうだ。既にオートマ、パワーウインドー、ハードトップ!アメリカ全盛時代の象徴である。ホワイトタイヤじゃないのが残念。

# by dokunosita | 2019-03-07 17:35 | 都内その他 | Trackback | Comments(0)

女王陛下のお気に入り

f0033075_13575465.jpeg
結構金がかかった映画。やっぱりスクリーンはこの位でないとネ。女優陣が頑張っている。エマ・ストーンもそうだが、最近アメリカの若手女優は気合が入っている。トリバゴのねえちゃんやケイト・フォックスも見た目とは裏腹に貪欲だ。
女優だから自己アピールするのか、自己顕示欲が強いから女優になるのか?

ストーリーは落ちが同性愛で、アピールポイントがゲロ、という西洋風パターンで締めくくられる。ジョン・ル・カレの小説にも謎解きのラストがオカマ友達でした、というのがあった。それで全て決着ってどうなの?キリスト教的倫理感の為せる技だろうか?

# by dokunosita | 2019-02-28 14:10 | 都内その他 | Trackback | Comments(0)

米朝怪談

去年も同じ事を考えたナッと、思い出した。今回は一層酷い。腰抜けカードマンのことだ。歴代大統領であんなにへり下った態度を見せた者はいなかった。
このままじゃ日は唯一の同盟国を失い、孤立しそうだ。筆者の様な老いぼれは仕方ないが、若い人達は苦労するだろう。墓場直行なら題名通り。

じゃあ、どーすんだ?問われれば答えよう。「現在北はもぬけの殻だ」
①日・露共同で北へ侵攻
②中が文句→南を中にやる。カードマンは失脚
③米が文句→4か国で半島を共同支配。ペンスは只で土地が手に入る
という仕儀だ。

これで極東の諸問題はあらかた解決。2〜30年は平和と繁栄が続くだろう。

# by dokunosita | 2019-02-28 13:56 | 高輪 | Trackback | Comments(0)

ナチス第三の男

f0033075_13520920.jpeg
ちょっと前に見たんだが、後味の悪い映画。元々短期でわがままな男がナチスに入って大暴れ。いい加減人殺し物語はやめようよ。
加えて一人よがりのカメラワークで目眩が。

# by dokunosita | 2019-02-21 13:57 | 都内その他 | Trackback | Comments(0)

TAXI見た

f0033075_15213529.jpeg
第1作が出たのはかれこれ?十年前だろうか。主人公はアルジェの移民だった記憶がある。久しぶりの新作はフランス映画というよりも、中南米の趣きだ。
フェラーリやランボルギーニはあの位回さないと意味がないのが良く分かりました(^_-)

# by dokunosita | 2019-01-29 15:29 | 都内その他 | Trackback | Comments(0)

蜘蛛の巣女

f0033075_20370593.jpeg
ちょっと一人よがりのアクション&サスペンス映画。カメラがチョロチョロ動くので画面もグラグラ。頭痛と目眩で途中からふらふらだ。

# by dokunosita | 2019-01-16 20:43 | 都内その他 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの家呑み

f0033075_20270827.jpeg
f0033075_20264938.jpeg
f0033075_20262898.jpeg
f0033075_20260079.jpeg
ご家族一同外食。ホワイトハウスに一人残されたトランプ君は‥
スパdel松前、イチボ&トントロconポン酢。お相手は女将さんのニャン吉です。

# by dokunosita | 2019-01-16 20:33 | 高輪 | Trackback | Comments(0)

餃子の皮でラザニア

f0033075_22002401.jpeg
f0033075_22000620.jpeg
f0033075_21593810.jpeg
f0033075_21584808.jpeg
f0033075_21582365.jpeg
f0033075_21575877.jpeg
餃子の皮が余ったのでラザニアに挑戦!タネを作って上下からサンドする。ホワイトソースをゆるめに仕立て耐熱皿に。茹でたラザニアを置いてミートソースを敷く。その上に再度ホワイトソースと残りのラザニアをかけ、チーズとパン粉を散らして焼き上げる。残ったホワイトソースは普通にグラタンとして完了だ。

味はなんとかなるが、所詮代用品なのでその差は埋めがたい。最大の違いは薄力粉と強力粉。高熱に対抗できないと溶けてしまい、存在感を失くしてしまうのだ。まあワンタンあたりが無難な選択だろうか?

# by dokunosita | 2018-12-26 22:16 | 高輪 | Trackback(1) | Comments(0)