<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新台北~有楽町

f0033075_14211426.jpg

f0033075_14211454.jpg

健康診断ルチン摂取weekが済んだので、新台北のレバニラ定食である(^O^)/結構臭めのレバーにモヤシ、木耳、韮、玉葱とそこそこのボリュームだ。付け合わせは胡瓜の漬物、水餃子、春雨の酢のもの?お馴染みのスープ。但し米がパサパサで(T_T)
下の写真は前回食したビーフン700円。こちらは具沢山だが、塩っぱいので閉口した。まあ、何処かしら不満の残る店ではある(´Д`)
[PR]
by dokunosita | 2008-05-30 14:21 | 有楽町

恵み屋~京橋

f0033075_13224571.jpg

週末に健康診断を控えているので、ダッタン蕎麦並盛500円とトロロ100円。
てっきりゴワゴワしてるかと思ったが、案外するする食せた(゜▽゜)更科の次に旨いかも。つゆは甘い鰹だし。似たような製法の神田大はしに比べれば、アチラの勝ちは間違いない。
[PR]
by dokunosita | 2008-05-30 13:22 | 京橋

大はし~神田

f0033075_1301974.jpg

先週に引き続き10割り蕎麦の大はし(^O^)グラスワークというメーカーが例のトコロテン方式の製麺機を納入している。これで誰でも粉さえ入れれば10割り蕎麦が出来る様だ。
もり蕎麦単品500円。氷水で締めてると思うが、キンキンに冷たい(^O^)/粉が良いのか、とにかく旨いと思う(^_^)つゆもきっちり感強く好みである。薬味は辛み大根のみだが、これで充分。皿に盛るので水気が残る(>_<)最後の方は短く切れている。機械の調整が必要か?蕎麦湯も案配が良い。
量は普通レベルだが、大盛りは200円増し。幾ら綺麗でも神田の立ち食い蕎麦で700円!はないだろう(¨;)でも又行きそうf^_^;しかしこの機械さえあれば下手な蕎麦職人は不要だ。京橋の恵み屋、宝町のまえだ。他にも蔓延しそうだ。
[PR]
by dokunosita | 2008-05-26 13:00 | 神田

大はし~神田

f0033075_13381091.jpg

f0033075_13381064.jpg

たまには神田で昼飯でも、と思い北口からふらり(@_@)何気に遭遇した蕎麦屋、大はし。もりか冷かけと鰻丼か麦トロのセットが650円。他ににしん蕎麦や辛み大根の組合せなど。総じて700円から1000円と安くは無い。店内を覗き見れば、立ち食いである(゜▽゜)
うーん立ち食いでこうかな?と思いつつ入店(;_;)内装は現代風のこ洒落蕎麦屋のイメージ。
で登場した蕎麦を食べてびっくり!(^^)!冷や麦レベルの細い麺ながら、シコシコで蕎麦の味も良し。見れば10割り蕎麦と書いてある。つけ汁もすっきりタイプでお好みライン。薬味は辛み大根のみだが不満は無い。
麦飯は並だが、トロロはもったりした濃厚な味。長芋じゃないのだろう。途中そばの汁を垂らして更に良し。
久し振りに麺と汁に満足した店。大盛りはPlus200円!神田の外れで立ち食いで、この値段。再訪必至であるo(^-^)o神田西口商店街に入り、昔Macのあった角を右に曲がり、ずっと行った右側。夜は立ち呑みに移行する。
[PR]
by dokunosita | 2008-05-23 13:38 | 神田

新台北~有楽町

f0033075_1531281.jpg

先週に続き新台北である(^O^)巨大な丼で登場する麺類を食べてみよう、という訳でラーメン650円。
注文してからあっという間に出来上がりp(^^)q麺が細いのもさることながら、此処のコックは仕事が早いのだ。で、味はどうか?物の見事に懐かしのラーメン\^o^/50年前にタイムスリップできる!
隣の客が注文していた焼きそばが具沢山で驚き(゜▽゜)次はこれかな?
[PR]
by dokunosita | 2008-05-19 15:31 | 有楽町

新台北~有楽町

f0033075_1361815.jpg

f0033075_136183.jpg

先日有楽町方面から歩いて戻る時に発見した店。鍛冶橋通沿い、JRガード下の有楽町側。定食類が安くて何となく面白い雰囲気なので気になっていたのだ。
店内はごちゃごちゃしたアジア的下町風。中国人のおばさんとコック一人に若い日本人?のお兄さんが立ち働いている。
チャーハン490円o(^-^)o具沢山なので驚き!写真は撮らなかったが、おまけのスープが旨い。きちんとした料理としてのスープを出している。良くあるラーメンのスープに葱を浮かべただけのそれでは無い。
回りの客は野菜炒めや唐揚げなどが多い。ご飯のお代わりがサービスらしいが、頼む人は稀だろう。最初っから丼にテンコ盛りなのだ。ラーメンの丼も巨大で、もしかすると2玉分では(゜▽゜)味はまあまあなレベルか?次は麺類にチャレンジじゃ(^O^)/
[PR]
by dokunosita | 2008-05-15 13:06 | 有楽町

あさひや~野毛

f0033075_1755176.jpg

f0033075_17551881.jpg

行こう行こうと思いながら、何時も入れない店。遠方から来る客には中々ハードルが高い店と言える。土日祝日が休みで、せいぜい9時過ぎ迄の営業、早い時間から満席(*_*)相当気合いを入れないと入店することすら難しいのだ。
で一回は断られ、再度チャレンジで何とかOK。名物梅割りとこんにゃく、昆布である。旨いし、丁寧な仕事に量も多い。値段も安いし、整った顔立ちの女将の接客もグーなのだ(^O^)g
当方隣の常連のおじいさんがおでんの汁をズボンに跳ねた。すかさず女将さん、ふきんを良~く湿らせ、『これで拭いて』その後乾いたふきんを差し出し、『次はこれで拭き取ってね』感動したのかおじいさん、Freeze状態。これじゃあ毎日通うのも頷けるわな(^^)\(゜゜)
[PR]
by dokunosita | 2008-05-12 17:55 | 野毛・関内・長者町ほか

火の見庵~西糀谷

f0033075_1454324.jpg

f0033075_1454395.jpg

渡商店の小窓から向かいに蕎麦屋が見える。これが師匠の言ってた家齡100年セットのペア、火の見庵だ。何れも空襲で燃えなかったそうだ(ノ゜O゜)ノ
入ってみるとそのものズバリの中身である。髭面の店主が一人で切り盛りしている。タヌキ蕎麦500円を頼む。真新しい紙に値上げしました、の文字が跳ねる。つゆはかなり濃い(>_<)一口も飲めなかった。
壁にポスターや地図なんかが貼ってある。最近のかな?と思っても軽く2~30年前は経っている。その昔、「時計」という歌が流行った。♪私達の為に時間を止めて。二度とないこの時を~♪この店では蕎麦ができる合間に、時間が止まる感覚を味わえる。まあ店内の時計はチクタク動いているのだが。
[PR]
by dokunosita | 2008-05-12 14:05 | 蒲田

渡商店~西糀谷

f0033075_13321730.jpg

f0033075_13321747.jpg

立ち呑みの師匠から、凄い店があるよ、と教えて貰い早速訪問(^O^)/糀谷の駅からは結構遠い。普通の住宅街にある普通の酒屋。但し樹齢ならぬ家齡100年?という話しだ。
常連が数人ビールをひっかけている。当方は生ビール310円と柿ピー120円でスタート。しょぼ降る雨があらゆる音を消してくれる。静寂感極まる一瞬だ。
[PR]
by dokunosita | 2008-05-12 13:32 | 蒲田

恵み屋~京橋

f0033075_17334182.jpg

f0033075_17334184.jpg

前回までは田舎系の蕎麦だったせいか、ぼそぼそ感が強くすすり込めなかった。で、更科ならどうか?
結論は正解。漸く盛蕎麦らしい食べ方が可能になった(^O^)とは言え、更科大盛り(500㌘)650円にトロロ100円、締めて750円出して、ギュウギュウ詰めの立ち食いっていうのもドーヨ(´Д`)
[PR]
by dokunosita | 2008-05-09 17:33 | 京橋

こんにちは、蝶太夫です。本名は蘭丸!地元のおいしいお店を中心に食べ歩き。ついでに言いたい放題!


by dokunosita