三鶴~西小山

f0033075_11282270.jpg

f0033075_11282242.jpg

前回は満腹で早々に退散を余儀なくされた三鶴だが、早速のリベンジである。しょぼ降る雨の中、ご覧の暖簾をくぐると満員(゜▽゜)店の前はマイカーがいっぱい(^_^)何とか席を寄せて貰い着席出来た。
最初ビール大600円と煮込み300円。時間が早いせいか、煮込みの味が前回やり薄めで調度良い案配だ。
次にもつ焼きを塩タレ4本ばかり頼む。かすれかかった壁の品書きに、奴と漬け物を発見する。奴はどうやら鍋で暖め、温豆腐になる模様。しかし隣の偏屈親父も食べていたのでパス。次回に期待だ。たまたま別客の注文が入ったので、おしんこ250円を相乗りする。これが立派!(^^)!
結局又もや満腹でお勘定(^O^)
[PR]
by dokunosita | 2008-03-31 11:28 | 武蔵小山・西小山 | Trackback | Comments(0)

山海の続き

f0033075_10354353.jpg

f0033075_10354347.jpg

コースだけではつまらないのでアラカルトも大量発注(^O^)/上段が手作りさつま揚げ、下段はホタテのコキール。
部屋も綺麗で当たりの店ではあるo(^-^)o
[PR]
by dokunosita | 2008-03-31 10:35 | 浅草 | Trackback | Comments(0)

山海~橋場

f0033075_9585626.jpg

f0033075_9585791.jpg

東京の桜が満開という訳で、浜離宮を振り出しに浅草まで移動花見である!(^^)!花見と言えば宴会、宴会と言えば山海\(^^:;)う~ん、見事な親父ギャグじゃあ(*_*)
河豚一本コース13000円也を3本/10人にて賞味。養殖物ながら、結構コリコリで良質だ。刺しの他にしゃぶしゃぶ、チリ鍋が続く。から揚げは別注だが、数百円という値段には思えない旨さである。
[PR]
by dokunosita | 2008-03-31 09:58 | 浅草 | Trackback | Comments(0)

f0033075_1344449.jpg

f0033075_134445.jpg

東京駅八重洲口を出て、右側にヤンマー、左側に東京建物の古いビルがある。かつては銀行?だった記憶もあるが定かではない。現在は高級イタリアン、カノビアーノの支店が入っている。金融再編の余波がこんな所にも押し寄せている。
ってな事には関係無く、お得なパスタランチ1000円を求めて入店(^O^)/パスタとスープ・サラダか、ジェラートの選択が可能。イベリコ豚のラグーとパプリカのスパに何とかのスープである。最初にパンが2片配られる。これはお代わり自由な模様。
12時前に入ってパスタが出て来たのは20分ほど経ってからだった。その間何組が満員で断られただろうか?この内装でこの値段この料理。まあ、当然ですね。
味の方はちょっと薄い?、若干物足りなさを感じるが、ラグーやパプリカにはしっかり味が付いている。麺は上品な細身で、最近流行りの太麺とは一線を画している。スープは案外量が多く造りもしっかりだ。流石にリストランテを名乗るだけの事はあるo(^-^)o
席の予約はランチコースになるようだが、一度訪問する価値大であるo(^-^o)(o^-^)o
[PR]
by dokunosita | 2008-03-28 13:44 | 東京駅付近 | Trackback | Comments(0)

松月庵~八重洲仲通り

f0033075_1242690.jpg

カツ丼で有名な築地の豊ちゃんの話しをしてたら、やけにカツ丼が食べたくなって結局ここにo(^-^)o
950円也のカツ丼はまあまあの味。蕎麦の方が旨い。それにしてもカツ丼なんて10年以上ご無沙汰していた。
[PR]
by dokunosita | 2008-03-27 12:42 | 東京駅付近 | Trackback | Comments(0)

南ばん~日本橋

f0033075_1815144.jpg

昼飯である。南ばんである。中華丼680円を頼む。久し振りに来たら、唐揚げが240円に値上げされていた。
隣の隣に座ったデブ、大柄、小太りのOL3人組はチャーハン1個、ラーメン別盛1個、2個3個定食のオーダーである。ライスの盛方指示もない。ご立派ですね~(゜▽゜)
注:1個、2個は唐揚げ。3個は揚げ餃子
[PR]
by dokunosita | 2008-03-26 18:15 | 日本橋 | Trackback | Comments(0)

三鶴~西小山

f0033075_181469.jpg

f0033075_1814685.jpg

丸吉飯店を出て駅の北口方面を徘徊(^^ゞふと露地の奥を見れば、やきとん道場三鶴、の長~い暖簾が目に入る。ホッピーの赤い提灯を見つけ、ものは試しと入店(^O^)
中は20年以上の営業という訳で、相当レトロ感漂う造り。コの字カウンターは総数20名弱か?シブメの2代目が焼き場を預かる。天井低くマスターは身を屈めながらの仕事振り。先代の身長に合わせた高さだそうだ。
先ずはホッピー400円を頼むと所謂三冷で登場。煮込みは鍋でグツグツいっている。中身は内臓各種だけ。野菜もこんにゃく等無い。八丁味噌?で濃いというか塩ッパイ味付けだ。300円。品書きは他にもつ焼き110円とレバ刺しだけ。ある意味清い営業だ。
流石にお腹いっぱい気味なので、カシラとタンを塩で一本頼む。結構大振りで滋味深い。ホッピーをお代わりしたら満腹感に襲われ、やむを得ず退散。
聞けば再開発とやらで4月いっぱいで移転するらしい。内装は現行の物を運ぶそうだが、古い建物は当然変わる。昭和好きなら早めに行かないと!見納めである。
[PR]
by dokunosita | 2008-03-24 18:14 | 武蔵小山・西小山 | Trackback | Comments(4)

f0033075_15324391.jpg

f0033075_15324346.jpg

何気に蒲田は立ち呑みあぶり安ヘ。ナント立ち呑み師匠&みやちゃんがぁぁ(^O^)/
ごちゃごちゃ飲み食いして、東側の立ち呑みとっちゃんへ梯子。こちらは初訪である。明るい雰囲気で確かに人気店なのも頷ける。
師匠達と別れ、もう一軒行こうか迷ったが、メタボ解消もあってそのまま終了。
[PR]
by dokunosita | 2008-03-24 15:32 | 蒲田 | Trackback | Comments(0)

丸吉飯店~西小山

f0033075_15192335.jpg

f0033075_15192366.jpg

西小山付近を開拓すべく漂流。駅南側直ぐにある丸吉飯店。微妙なカーブを描くカウンターのみの町場の中華屋。覗いてみるとぎっしり満員である。餃子が自慢げな様子なので、取り敢えず入店。
ビール500円と餃子450円、ザーサイ奴350円を注文。周りの客は炒め物や焼きそば、中華丼等を頼んでいる。何れもボリュームたっぷりである。
陳年500円と肉韮炒め650円を追加。かなり山盛りだ。味は昔ながらの中華屋そのものだが、丁寧な仕事振りで旨いo(^-^)o
次から次に客が押し寄せる。麺は中太、ストレート。再訪必至である。
[PR]
by dokunosita | 2008-03-24 15:19 | 武蔵小山・西小山 | Trackback | Comments(0)

喜久寿司~高輪

f0033075_14574862.jpg

f0033075_14574866.jpg

ふらっと晩飯がてら喜久寿司ヘ。隣の床屋等は立ち退きしたが、ここは逆に奥に座敷が出来て拡張している。
お通しと刺身一人前2000円?他に上チラシ1800円、ビール、酒二本、ゲソ焼きと頼んで、合計5300円!何だか不思議な計算だ(^O^)/
[PR]
by dokunosita | 2008-03-24 14:57 | 高輪 | Trackback | Comments(0)