カテゴリ:武蔵小山・西小山( 118 )

豚星〜武蔵小山

f0033075_9584727.jpg

f0033075_9584736.jpg

f0033075_9584713.jpg

前週に続けて豚星へ。土曜の8時半過ぎに行ったが、焼き物は既に半分以上が売り切れ。アブラ、テールを注文し、焼き上がる迄煮込みをつまむ。煮込みは所謂塩煮込み、白金の鈴木屋風だが柚子胡椒が盛られるのでかなりさっぱり系。野菜類が多くポトフっぽい感じ。万人受けするかも知れないが、決め手に欠けハマる人は少ないだろう。
テールはまぁそこそこながら、アブラはチト厳しい。前回のは焦げまくる位焼いたせいか脂身がしっかり締まった味わいになったが、軽く焼かれただけだとあぶらがキツくて食えた代物ではない。店主はしっかり者だが雇われが使えない。客の方を見ないと追加オーダー出来ないでしょ!生肉を触ったら漬物やら飲み物いじらない事。
タネ切れで食べたい物も無いのでぴょん吉支店へ。じゃがいもとベーコン炒めで口直し(^^)d
[PR]
by dokunosita | 2011-06-27 09:58 | 武蔵小山・西小山

豚星〜武蔵小山

f0033075_10272659.jpg

f0033075_10272656.jpg

f0033075_10272657.jpg

f0033075_10272645.jpg

f0033075_10272690.jpg

f0033075_10272623.jpg

比較的最近できたモツ焼き屋。武蔵小山の駅前どろどろ飲み屋街にある、カウンターのみ明るくこ洒落た店だ。何時も満席状態だったので見送っていたが、半分以下の客入りなので透かさず入店。
焼酎ハイボール260円は炭酸が強烈!写真はピンぼけというより泡が高速上昇しているため。立石の江戸っ子味に近く下町風である。ガツ刺し260円?はタレが酸っぱい。武蔵小山みやこやの近い。
焼き物は?と声をかけられバラ、かしら、アブラ、上シロをお任せで。オール130円。最初二本が塩、まずまずである。驚きはアブラとシロ!!デミグラスソースを彷彿させる濃厚なタレが凄い。森下の山利喜?の煮込みに近いか?これがカリカリに焼かれた脂身にピッタリする。更に写真には無いがシロの柔らかい事!トロトロである。
メニューに梅割りとあるので、聞けばストレートに梅シロップという宇ち多、大橋、野毛のあさひやパターンだ。ガチガチに凍らせた焼酎を注ぎ、カウンターに置かれた梅を自分で入れる。甘味は少なくさっぱり系、冷たいせいか焼酎が薄く感じられる。最後に胡瓜一本漬け130円を。武蔵小山の牛太郎風である。
そう!色んな有名店のインスパイアというかパクり店なのである。しかし表面を真似てるだけじゃ無く、結構完成度が高いのである。若い店主も物真似は認めている。他店から影響を受けるのは悪い事では無く、自分らしさをオンして行けば全く問題ない。次回は煮込みの味を確認する。
[PR]
by dokunosita | 2011-06-20 10:27 | 武蔵小山・西小山

ぴょん吉支店〜武蔵小山

f0033075_13252894.jpg

武蔵小山の駅前どろどろ飲み屋街に最近できた店。若い兄さん二人で運営中。酒は400円から5〜600円、ツマミは500円が中心レンジかな?頼んだのはベーコン炙り580円とチュー杯380円。壁のテレビを見ながらマッタリ♪日本酒はまぁまぁだったが、ポテトサラダが水っぽくて退散。
[PR]
by dokunosita | 2011-05-31 13:25 | 武蔵小山・西小山

町屋カフェ白〜武蔵小山

f0033075_17422516.jpg

f0033075_17422581.jpg

f0033075_1742258.jpg

この所行き付け状態の白。マティーニとギムレット。飲んだのは蘭丸君ではありません(^^)/
[PR]
by dokunosita | 2011-02-02 17:42 | 武蔵小山・西小山

町屋カフェ白~武蔵小山

f0033075_1161859.jpg

f0033075_1161825.jpg

f0033075_1161858.jpg

f0033075_1161833.jpg

ゆかわを出て最近定番の白へ。カウンター奥から2番目の定位置に座る。尿酸値が高くなったので控え目にしていたビールを所望m(_ _)m
2杯目はラム酒とジンジャー。カクテル名失念。カクテルの名前は昔から覚えるのが苦手なのだ♪料理も頼んでみようと、牛頬肉のワイン煮600円を。きちんとした造りで満足いく品だ。バーにしてはポーションも中々。
最後にマティーニが飲みたくなって注文するが、何時ものボンベイサファイアじゃなくてゴードンで試す。この方がキツくなって酒らしいけど、ボンベイサファイアの上品さも捨てがたい。締めて3500円。
[PR]
by dokunosita | 2011-01-28 11:06 | 武蔵小山・西小山

ゆかわ〜武蔵小山

f0033075_10433415.jpg

f0033075_10433476.jpg

f0033075_1043348.jpg

f0033075_10433489.jpg

ちょっと間を空けてしまった焼き鳥ゆかわ。メニューが変わったんですよ、と言われ見てみると、沢山あった焼き鳥が半分以下に縮小。更にお勧めの刺身類があれこれ。以前は色んな部位の焼き鳥を安価で出す店だったが、これでは普通の居酒屋と変わらない。
店に悪いので烏賊刺し800円を注文する。そこそこ旨いが、刺身を食いに来た訳じやない。お通しはスープ餃子?最後にネギマとササミを一本づつ頼み熱燗を2合飲んでお勘定、2500円也。再訪はないだろう。
[PR]
by dokunosita | 2011-01-28 10:43 | 武蔵小山・西小山

魚三から白〜武蔵小山

f0033075_16341379.jpg

f0033075_16341345.jpg

f0033075_16341322.jpg

寒い中を門仲の魚三へ。6時過ぎ到着、5分待ちで2階に入店。
最初から熱燗♪ガラスケースの鮃刺し450円。笹蒲鉾風にカットしてある(笑)薄造りの対極だ。サービスの水タコ250円、ゲソ焼き150円、おつゆ100円に値上げ?〆に鱒寿司を頼んだら売り切れなので有るだけ、という訳で穴子寿司も交えて二切れ200円。
そのまま地下鉄で武蔵小山の白へ。雪国900円也。ラム酒のコーラ割(名称失念)を飲んで終了(^-^)vそれにしても寒い!
[PR]
by dokunosita | 2011-01-17 16:34 | 武蔵小山・西小山

川匠からLH〜武蔵小山

f0033075_15373537.jpg

f0033075_1537352.jpg

f0033075_15373529.jpg

f0033075_15373598.jpg

かなり久し振りな川匠。ホッピーと河豚皮。結局、中を3杯飲む!!
その後LHで水割。寒いのと生ハム300円がたっぷりで、焼酎のお湯割をこれ又3杯♪
[PR]
by dokunosita | 2011-01-17 15:37 | 武蔵小山・西小山

f0033075_2022265.jpg

f0033075_2022236.jpg

ハッピーアワーでスパークが500円だとあるので入店。
[PR]
by dokunosita | 2011-01-08 20:02 | 武蔵小山・西小山

牛太郎〜武蔵小山

f0033075_17594738.jpg

f0033075_17594779.jpg

f0033075_1759476.jpg

f0033075_17594781.jpg

武蔵小山は初めてという先輩Kをご案内。最初は牛太郎。土曜日の3時過ぎ、丁度二人分の席が空いてる。待ち時間無しで幸先良いスタートになった。牛太郎はおばさんが死んで、おじさんが辞めて一時は店として体をなさなかったが、若い?お兄さんが焼き方に入り活気が出てきた。漸く普通の店らしい応対になった感じ。
先ずは瓶ビールに煮込みととんちゃん。焼酎系に変えてモツ焼き、ガツ酢、おしんこ。定番の味である。そこそこで切り上げると西小山方面に向かい、三鶴の口開けを狙うも早すぎる時間帯!周辺をうろつき、5時に一番乗りを果たした。ここでも煮込み、モツ焼きを賞味。そう目蒲線の煮込み屋巡りなのだ♪
お腹も膨れ再度武蔵小山に戻り、次はバー巡り。しかしこちらも早すぎて店が空いてない。取り敢えずLHのぼーやが店を開ける所を捕まえて入店する。その後K氏は別件に向かう事になり、当方はこれ又開店早々の白へ突入だ。こうして夜は更け、酔いは回るのであった(__)
[PR]
by dokunosita | 2010-12-29 17:59 | 武蔵小山・西小山