カテゴリ:蒲田( 10 )

平壌冷麺食堂園〜蒲田

f0033075_11554130.jpg

f0033075_11554127.jpg

時間があったので冷麺を食べてみた♪マスコミでも紹介されている当店へ。辛さは一応中辛にしたがどうもピンと来ない。
麺はコシが強いが、味、薫り無く中途半端かな?毎度ながら冷麺の具にリンゴは要らないと思う。他も薬味程度で十分では?
[PR]
by dokunosita | 2010-10-04 11:55 | 蒲田

大田区汐焼きそば~蒲田

f0033075_1552441.jpg

f0033075_1552413.jpg

f0033075_1552439.jpg


昼飯を食べようと結局蒲田付近まで来てしまった。東西を結ぶトンネルの上辺りに位置する宝華園。昔ながらの中華屋さんである。表にポスターらしきものが貼ってある。汐焼きそば600円に引かれて入店。
無理やり創ったB級グルメのようだ。具材は浅利、韮、カリカリ梅、海苔など満載で手間も暇もコストもかかっている。で、旨いというか不味くないというか、何だかな~というのが本音。家庭料理でこの手の炒め物を作るとこうなる、という見本みたいな味付けだ。要するにパンチがない、この味あの味的な特徴がない、のである。具が豊富なのでそれだけでそこそこ旨いと思うのだが、それ以上でもそれ以下でもない。
まあ、頑張ってねって事だねぇ。
[PR]
by dokunosita | 2010-04-27 15:52 | 蒲田

火の見庵~西糀谷

f0033075_1454324.jpg

f0033075_1454395.jpg

渡商店の小窓から向かいに蕎麦屋が見える。これが師匠の言ってた家齡100年セットのペア、火の見庵だ。何れも空襲で燃えなかったそうだ(ノ゜O゜)ノ
入ってみるとそのものズバリの中身である。髭面の店主が一人で切り盛りしている。タヌキ蕎麦500円を頼む。真新しい紙に値上げしました、の文字が跳ねる。つゆはかなり濃い(>_<)一口も飲めなかった。
壁にポスターや地図なんかが貼ってある。最近のかな?と思っても軽く2~30年前は経っている。その昔、「時計」という歌が流行った。♪私達の為に時間を止めて。二度とないこの時を~♪この店では蕎麦ができる合間に、時間が止まる感覚を味わえる。まあ店内の時計はチクタク動いているのだが。
[PR]
by dokunosita | 2008-05-12 14:05 | 蒲田

渡商店~西糀谷

f0033075_13321730.jpg

f0033075_13321747.jpg

立ち呑みの師匠から、凄い店があるよ、と教えて貰い早速訪問(^O^)/糀谷の駅からは結構遠い。普通の住宅街にある普通の酒屋。但し樹齢ならぬ家齡100年?という話しだ。
常連が数人ビールをひっかけている。当方は生ビール310円と柿ピー120円でスタート。しょぼ降る雨があらゆる音を消してくれる。静寂感極まる一瞬だ。
[PR]
by dokunosita | 2008-05-12 13:32 | 蒲田
f0033075_15324391.jpg

f0033075_15324346.jpg

何気に蒲田は立ち呑みあぶり安ヘ。ナント立ち呑み師匠&みやちゃんがぁぁ(^O^)/
ごちゃごちゃ飲み食いして、東側の立ち呑みとっちゃんへ梯子。こちらは初訪である。明るい雰囲気で確かに人気店なのも頷ける。
師匠達と別れ、もう一軒行こうか迷ったが、メタボ解消もあってそのまま終了。
[PR]
by dokunosita | 2008-03-24 15:32 | 蒲田

あぶり安~蒲田

f0033075_18294787.jpg

f0033075_1829486.jpg

芝の角打ち内田屋で料理を作っていた御仁が蒲田で立ち飲み屋を開店した。新しい店舗は隅々まで綺麗で気持ち良い(^O^)
豚プラ350円はかなりのお徳感が!店名あぶりは漢字m(__)m
[PR]
by dokunosita | 2007-06-02 18:29 | 蒲田

鳥万~蒲田西口

f0033075_7283151.jpg

f0033075_7283228.jpg

蒲田で有名な鳥万へ初訪。写真は水菜と大根サラダ300円。アボカドサラダ280円を頼んだら、やってないのよー。その下のアスパラサラダは?、それもないの!新メニューの水菜にしなさいよ、んで頼む事に(>_<)
殆ど300円前後の価格設定。そこそこ濃い酎ハイは280円(^O^)/客層はかなり蒲田チック(*_*)
[PR]
by dokunosita | 2006-12-18 07:28 | 蒲田

さしみ屋五坪

f0033075_1283777.jpg

f0033075_1283783.jpg

その後はお決まりのパターンでさしみ屋五坪。相変わらず大繁盛。焼き蛤=写真とホヤ、タコ唐揚げ。何れも300円台。
それにしても客の平均年齢が高い店だo(^-^)o
[PR]
by dokunosita | 2006-07-29 12:08 | 蒲田

辰万~蒲田

f0033075_2174983.jpg

f0033075_2174935.jpg

何気に来た電車に乗ったら蒲田行き。折角だからお久しぶりの立ち飲み辰万へ。
取り敢えず烏賊わたホイル焼きを。烏賊は1個しか入って無いので、おでん=がんも、大根。これに烏賊わたを付けようという魂胆だf^_^;と、ところがおでんが旨い!両方付けながらの一人悦楽。未だ余るので、コンニャクと下足も追加。定番の烏賊わたを満喫致しました(^O^)/
料金1720円!飲み物込み。
[PR]
by dokunosita | 2006-07-28 21:07 | 蒲田

蒲田で餃子

久し振りに蒲田のニイハオへ。土曜日の夜6時に予約無しで行ったが、2テーブル空いていた。一瞬嫌~な予感がぁぁぁ。
f0033075_21225761.jpg
f0033075_21234243.jpg
餃子2枚と木耳・卵・豆腐の炒めを頼む。焼き餃子で待たされるのは覚悟の上だが、出てきたのは少し冷め気味。味は昔と変わらない気がしたが、問題は温度だ。炒め物もアチアチではない。餃子の肉汁もぬるくなっている。
原因は店のおばちゃんだ。中国人経営の店でつっけんどんなサービスは慣れているが、放置されるのは勘弁だ。
「羽根付き」の謂われはこうだろうと思う。餃子を焼くときに鍋に水を入れ蒸すのだが、そこら辺にあったコップかボールを適当に使った。餃子の打ち粉がこびり付いた水を入れたら、自然とおこげが出来て、案外美味かった。失敗作や賄いから、新しい料理が生まれる事は良くある。
しかし、10年以上前は目新しさとそこそこの味で高評価されていたが、今となっては格別の感動はない。  有名店 空いているのは 訳がある

f0033075_21243616.jpg
f0033075_21251463.jpg
続いて京急蒲田商店街の金春へ。餃子と鶏肉の和え物、両方とも300円。こちらも羽根付き、出来立てで持ってきた。当たり前だけど。こっちの方がまだマシだが、無理して食べに来るほどではない。
[PR]
by dokunosita | 2006-04-23 21:28 | 蒲田

こんにちは、蝶太夫です。本名は蘭丸!地元のおいしいお店を中心に食べ歩き。ついでに言いたい放題!


by dokunosita